倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『白い雪』はやっぱりいいですねっ!
昨日、どうも満足できないということを書いたじゃねーか。
はい、そうなんです。
でも、それ自体が魅力なんだな~と今日になって考えを改めました。

何度聴いても飽きが来ないんですよ。「白い雪」も「想いの先に...」も。
曲が耳になじんで来たときにいつもは来る絶頂点が、なかなか来てくれない。つまり、満ち足りることがない。一種の渇望感におそわれる。そして、何度も何度も聴いてしまう。ビールは嫌いなんだけど喉が渇いたときのビールは喉越しがよくどんどん飲んでしまうんだよね~、とこんな感じ。不思議な魅力を持っています。

大野愛果さんとYoko Blaqstoneさんの曲は、どちらも特別オリジナリティを放っているように思えない。
倉木さんの歌唱はやや精彩を欠いているように思える。
なのにこんなふうにハマってしまうのはなぜなんだろう。

それは、編曲がいい。久々にマイケル・アフリックさんのコーラスが帰ってきた。そんなことが関係しているんだろうか。でも、それだけじゃないんだろうな。たぶん、こんな謎な感じが、倉木さん達が創り出す音楽をずっと私が好きでいた理由。
ついでに書くと、私には倉木さんという人間が理解しがたい。それも私がずっとファンを続けてきた一つの理由。

今回のCDで特に素晴らしいと思ったのは、「想いの先に...」の終わりの締め方。これは、やばい。なかなかこんな終わり方できない。やめられない、とまらない。

歌詞についても最初は内容が薄いなと思っていたけど、だんだん「ははぁ~ん」と納得してきました。
今年中に歌詞考察したいなぁ。できんのかなぁ。

というか、私ってなんてボキャ貧なんだろう。
つまりは今回のシングルの出来は良かったよ~ってことです。
満足はしてないんですけどね(まだ言うか)。
スポンサーサイト
全くひねりのないタイトル(汗)。

私はこのブログで倉木麻衣の歌詞をメインテーマに扱っています(といっても、その数はたかが知れていますが)。
その際、点数を付けるなどといったことはしていないので、私が倉木麻衣というアーティストのどういった歌詞を好むのかがイマイチ見えてこないんじゃないかと思います。

そこで!
私が特に歌詞を好んでいる曲のリストを発売時系列でリストアップしてみようと発案しました。
はい、単なる思いつきです。

では、以下が注意点。

・リストに入っていない曲の歌詞にも好きなものはたくさんあります。あくまで、特に好きだということです。
・純粋な「詩」としてではなく、あくまで曲にのせた上での歌詞が好きかどうかなので、音楽にいかにマッチしているかということも考慮に入れています。
・特に歌詞が素晴らしいものは太字にしています。これは「殿堂入り」として別個にリストアップしています。
[歌詞が大好きな曲リスト(倉木麻衣編)]の続きを読む
『白い雪』が発売されたというのに、なかなか更新できずにいました。
一年の締めくくりは忙しい。

白い雪 白い雪
倉木麻衣 (2006/12/20)
GIZA

この商品の詳細を見る

しっかりとフラゲしてかなり聴き込んでいます。
いい――。
いい・・・・・・。
きっといい。
でも、何かが引っかかる。何かがくすぶる。
作詞:倉木麻衣、作曲:大野愛果、編曲:池田大介
片や、
作詞:倉木麻衣、作編曲:Yoko Blaqstone
ついでに、マイケル・アフリックのコーラスも加えて。
彼らのポテンシャルはこんなものか。
なんていうんだろう、昔の大好物を久々に食べたんだけど、この程度のおいしさだったっけ、といった感覚。
もっとこい。
もっとこい。
痺れるほどじゃなきゃ満足できない。
冬版のTime after timeって言ってたけど、スタッフさん、嘘言っちゃいけねぇ。
「Time after time~花舞う街で~」はもっと痺れたぜ?

『白い雪』、表題曲、カップリング、共に素直に良かったとは思ってます。
でも、満足はできなかったんですよね。
4thアルバム以前の頃を思い出させる曲だったからこそ、尚更こんなもんじゃないだろうと思ってしまう。

次のシングルは、最強のものを期待しています。
来年は“制作の年”だもんね、倉木さん。
最近、イッパイイッパイっす(´ρ`)。
疲れているときには変な夢を見るものですね。大野愛果さんが数学の教師で、「やばい勉強ついていけてねーなぁ、でも天然の大野さんだから大丈夫か~」と思っていたら、おもいっきり説教されて怖かったです。全然意味が分かりません。
そんなことは別にいいとして、Music Freak Magazineが手に入んないよ~~。B'zが表紙だからか・・・うっかりしてた。
ずっと先かと思ってたけど、もう「白い雪」発売までとっくに一週間切ってるんだなぁ。

ここで、今日ちょっぴり驚いたことを。
倉木さんの所属レコード会社GIZAにSparkling☆Pointっていう3人組グループがいますよね。
その内、2人(明日香さん、亜衣里さん)の好きなアーティストが滴草由実さんだということを知りました。
音楽的にはほとんど重なる部分はないし、それに滴草さん自体そんなにメジャーというわけではないのに、2人が滴草さんの名前を挙げているというのは意外でした。
いつか共演することはあるんでしょうか。
どちらにも、これからの躍進を期待しています。
長く続いた第5話完結を祝して・・・

私がもっとも好きなネット漫画
となりのネネコさん
(ヘッポコロジー http://heppocology.fc2web.com/index.html
20061210225528.jpg


『小学生日記』で有名な、宮原るりさんのサイト、「ヘッポコロジー」。そのサイト内で無料公開されているのが「となりのネネコさん」という漫画です。

軽く説明すると、顔がまんま猫のネネコさんとその仲間たちのドタバタ高校生活、といった感じです。
女性の方が描かれていますが、男でも十分楽しめます。といっても私は少女マンガにややハマった口なんですけどね(ガラスの仮面とか、ママレード・ボーイとか)。

いくら見てもタダなんで、ためしに見てみてください♪(チャングムファンも必見です)


ついでにもう一つ紹介!
ヘルプマン! (6) ヘルプマン! (6)
くさか 里樹 (2006/07/21)
講談社

この商品の詳細を見る


私は昔、ホームヘルパーをやっていたことがあるんですが、そのとき薦められたのがこの本です。
今6巻まででていますが、私が全巻持っているのはこれと、あだち充の『ラフ』のみです。
ややマイナーな漫画ですが、介護問題に興味がある人は是非読んでみてください。啓発される部分が必ずあるはずです。
※2006年10月7日に書いた記事に加筆したものです。

曲を聴いた時に“辛い時こそ自分自身と向き合うべきだ”という思いが出て来て、一心に歌詞を書き綴っていった曲です。辛い時こそ自分自身と向き合うんですけど、その中で周りに自分を支えてくれるみんながいる事や、好きな人がいる事、そして家族がいる事を思っているからこそ頑張っていけるという内容になっています。


倉木麻衣『DIAMOND WAVE』セルフ・ライナーノーツ
「Music Freak magazine 8月号 Vol.141」より

倉木麻衣は「家族」の話をあまりしません。
あくまで「あまり」というわけであって、母親や兄弟の話をしたこともあります。が、他のアーティストと比べると、家族の話をあまりしない人だなと、長年ファンをやっている私は思っていました。

私はこのライナーノーツを読み、あえて「そして」と強調して「家族」という語を持ち出してくるのは特別な意味があるのだろうと思いました。
そういうことから『DIAMOND WAVE』9曲目収録の「今 君とここに」を考察していきたいと思います。
[第17回「今 君とここに~光に近づいていける~」]の続きを読む
ドーンと来い!冬のGIZA祭り!!2007

だそうです(情報元:GIZAだよりvol.58)。
1月6日スタート、開催地は北海道です。
倉木さんのカウントライブに落選した方はこちらに・・・
[GIZA祭り開催]の続きを読む
昨日、なんとか「白い雪」を聴くことができました。
感想。
いい意味で、地味で素朴な曲でした(でもキレはある)。「会いたくて」と並び称されているようですが、私にとっては「白い雪」の方が断然好みです。
映像もまあまあ良かったですね。「Winter Bells」のときのようにコナンがメラメラ燃えている(笑)ようなことがなくて良かった。

ちょっとしたニュース。
約3ヶ月ぶり(苦笑)に届いたYumi Shizukusa Cheering Party Newsによると、滴草由実がニューシングルに向けてレコーディングを開始したとのこと。
シングルの発表も近いか?
風邪でのどがやられてしまいました。
普段、銀のベンザ○ロックには見向きもしないのに珍しい。
気分悪いので少し寝ると、「世界の中心で愛を叫ぶ~戦国時代編~」という映画を見る夢を見てしまいました。なかなかおもしろくて、ブログで紹介しようと思ったところで目が覚めました。もう少し寝ます。
12月って蚊は普通に飛んでるものなんでしょうか。
今日は部屋に3匹出てきました。
いつまでも蚊取り線香をしまえずにいます。

年末に倉木さん初のカウントダウンライブがありますね。
大晦日は実家でゆっくりすると決めているので私は行きませんが、無事大成功に終わるといいなぁ。
「白い雪」がとにかく楽しみ(´▽`)。テレビ版のコナンは滅多に見ませんが、来週だけはチェックすることにします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。