倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログを放置しておりましたら、どこぞのエロサイトからばんばんコメントが書き込まれるようになりました。人の留守を狙うとは卑怯な奴らだ。1日10ヒットに満たないブログに書き込んでどうするんだろう。

なんか書きたいこと一杯たまってるんで、ゴールデンウィークだし久々にブログを書いてみるか~。
ということで、3ヶ月ぶりにブログを更新!
大した内容はないけど、無駄に長いです。

まずは、倉木さんに関する話題。

最新シングル『夢が咲く春/You and Music and Dream』の感想について。
「夢が咲く春」はなんていうか惜しい曲だった。
Aメロ、Bメロと春らしくいい感じなのに、サビがいまいち。いや悪くはないけど、もっと別にやり方があったように思うなぁ。編曲は結構安っぽいとか言われてるみたいだけど、問題ないと思う。自分のなかでは、サビの魅力不足が一番問題。

歌詞の方も久々に不満。
“春”というテーマがあまり生かされてなくて、結局なぜ“春”が人の「歩き出そう」とする背中を押すのか、そしてどうして「夢が咲く」のか、その答えはほとんど語られないままとなっている。
というものの、1番の歌詞は結構気に入っている。「遠いふるさと たまには おかえり」 のフレーズや歌い方は素晴らしく、はじめてここを聴いたときにはゾクッとした。
でも、2番ではその世界観がほっぽり出されて、むりやり前向きにまとめた印象。1番と2番の関連性がほとんどない。
しつこいけど、1番の歌詞はいい。
久しぶりの君は/指に光るリングが/今は知らない誰かさん
さびしがり屋は あの頃のまま
最終電車の中/夢 抱きしめて
これら哀愁たっぷりなフレーズが、どう歌詞を紡いでいくんだろうかと私の期待を否が応でも引き上げた。
だから、2番の歌詞にため息が出る。伏線をさんざん散りばめながら、結局回収されずに終わる映画を見るようなものだ。

・・・「夢が咲く春」が決して嫌いだというわけではないんです。ただ、もうちょっと練りこめば私のなかで名曲になったのになぁと、残念なだけです。

一方、「You and Music and Dream」は文句なしの名曲。
Cybersoundと大野愛果さんがいい仕事をし、それに乗っかる倉木さんの歌声が冴え渡ってるというのは勿論のこと、歌詞があまりに素晴らしい。言うことなし。
まさに倉木麻衣の真骨頂。
この素晴らしさがなかなか表現できそうもないので、とりあえず今は保留しときます。私のことだから、いつまでも保留しておくのかもしれない(情けねー)。

現在、テレビ番組のテーマソングとして「Hello !」が流れていますが、「夢が咲く春」「You and Music and Dream」のように温かみのある曲となっていますね。
きっと同じアルバムに収録されたとき難なく馴染むことでしょう。もう『ONE LIFE』みたく、あれが浮いてる、これが浮いてる、なんて言わせねー、という決意してたりして(笑)。
あと、『ONE LIFE』の路線はおそらく続かないだろうなと思ってたけど、その通りになりそう(速断するにはまだ早いけど)。同系統のアルバムが続いたためしがないし。
きっと「Ready for love」で言ってたように、倉木さんはまだまだいろんな音楽を探し求めているんでしょう。私の予想(妄想)では、洗練された『FUSE OF LOVE』を目指しているんじゃないかと。

滴草由実のNEWシングル

6月4日に1年ぶりのシングル『CALLING ME』がリリースされることが決定。
驚きは、作詞・作曲・編曲が滴草さん本人だということ。
ブログでいろんな音楽機材を使っている様子は報告されてたし、作曲もしてるとは言ってたけど、編曲までやってるとは思わなんだ。
初の作編曲ということで、聴いてみるまでちと不安はあるけど、おおいに期待しております。
オフィシャルサイトでは、そのサウンドの一部かと思われるものが流れてます。
http://www.yumi-shizukusa.com/

[収録曲]
1. CALLING ME
作詞/作曲/編曲:滴草由実
2. I don't know why
作詞/作曲/編曲:滴草由実
3. CALLING ME -Instrumental-
4. I don't know why -Instrumental-

2008.6.4発売
【VNCM-6006 / \1,050(tax in)】

B'zのベスト
出ますね。『ULTRA Pleasure』は買わないけど『ULTRA Treasure』は内容次第では買うと思う。
『ULTRA Treasure』に収録して欲しい3曲ですが、私が投票したのは、「夢見が丘」「Survive」「ハピネス」です。
そういえば、『ULTRA Pleasure』の発売が決まってから、『PleasureⅡ』はなんだったの的な意見が多いけど、私はうまい売り方だったと思う。
だって、『PleasureⅢ』がめっちゃ出しやすいじゃない(爆)。

では、『ULTRA Treasure』に収録される30曲(リクエスト上位30曲)予想!!(30曲とは限らないけど)
シングルA面から、
だからその手を離して、太陽のKomachi Angel、愛しい人よGood Night...、BLOWIN'、Don't Leave Me、MOTEL、Real Thing Shakes、Liar! Liar!、RING、GOLD、ARIGATO、ゆるぎないものひとつ、BURN -フメツノフェイス-
の12曲。
カップリングから、
TIME、恋心(KOI-GOKORO)、The Wild Wind、ONE、ピエロ、FRICTION
の6曲。
アルバム曲から、
OH! GIRL、Wonderful Opportunity、RUN、月光、夢見が丘、消えない虹、スイマーよ!!、ハピネス、Brotherhood、WAKE UP, RIGHT NOW、パーフェクトライフ
の11曲。
あと、DEVILを入れて30曲。
はたして、どんだけ当たるかな。


まだまだ、書きたいことが一杯あるんだけれど・・・。
Beingの新星・美元智衣の曲「再出発(はじまり)」はかなり名曲だ、
とか、
真中潤はどこにいっちゃったの?
とか、
奥井亜紀のベストアルバムが欲しいよ~。
とか、
巨人はラミレスを獲ったのが間違いだった。外国人枠の関係で。
とか、
ガソリンの暫定税率を引き下げるという案はなぜ表にでてこないの?
とか、
後期高齢者医療制度の議論はなんかおかしい。論点はそこじゃなくね?
とか、
池田清彦さん、それは違うんじゃないの?
とか、
かつて書くとかほざいたウンコのこと、とか、とか、とか・・・

もちろん、倉木さんについてのことも一杯。
ネタは尽きませんぜ。


でも、ブログをまた放置せざるをえません。
今度帰ってきたときはコメントをきちんとお返しします。
では、しばらく御暇します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。