倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルバム『ONE LIFE』に収録された「Silent love~open my heart~」、「everything」及び「secret roses」の3曲は、互いに密接な関係を持つ。
私は勝手にそう思っています。

まず、「Silent love~open my heart~」は“”から“あなた”に向けた曲。そして“あなた”への愛を覚悟した曲。
「白い雪」からどれたけの月日が流れたのだろう。「届かぬ思い/鍵をかけて 心に閉まっていたけど」と、あの強かった想いは力を無くしていた。

しかし、“あなた”の方から歩み寄りがあった。それが「everything」という曲。
自分の夢に夢中になり過ぎていたね
のこの言葉が全てを表しています。
また君と2人で歩き出せるなら
が“”(前曲における“”)にまた目を向け直したのには理由があります。
それは、これです。
気づけば夜ごと 夢に現れる君が
囁いてる 唇を見つめ 伝えているのは
because everything


夢のなかでの、あまりにも強い想いが「secret roses」には描かれています。
それが“”には通じていた。
「secret roses」の「いつも 同じ夢を見れた」と、「everything」の「夜ごと 夢に現れる君が」はリンクしている、ということです。

”と“あなた”が求め合った。
「Silent love~open my heart~」で、“”は決意する。

Silent love あなたと一緒に
歩んでいく 全てを失ったとしても
all my love 信じたいから
私だけは so あなたの夢


あなたの心で 夢をみたい

このとき“あなた”の夢は“”の夢になった。そして、二人の夢になった。
コメント
この記事へのコメント
SaySayさんの解釈もなかなか良さそうですね。
私の(現状での)解釈では、①「one for me」、②「everything」、③「secret roses」、④「Wonderland」、⑤「BE WITH U」、⑥「Over The Rainbow」がリンクしています。
長くなるので、詳しくは書けませんが、①の”すべて話そう”の”すべて”が②の”まだ君に伝えたい言葉...because everything”の”everything”に、②の”気づけば夜ごと 夢に現れる君が”の”夢”が③の”目を閉じるといつも 同じ夢を見れた”の”夢”に、③の”日ごと輝き出す 新しい奇跡”の”奇跡”が④の”今ここにいる奇跡が続くと”の”奇跡”に、④の”だから Wonderland 見つけたい 君のために”が、⑤の”託された この夢”に、④の”遠回りなroad”が⑤の”果てしなく この続く道”に、⑤の”Wonderland”が⑥のThere's a land that I dreamed of”の”a land”にそれぞれ当たるというものです。
なので、⑤の”この夢”を託した人は、④の”君”になります。
また、④に”gonna be with you baby”、⑤に”I just wanna be with you”というフレーズ、そして⑤に”笑顔に包まれた君とずっといられるのかな”、⑥に”Wherelaughter falls like lemon drops”というフレーズもあります。
全く舌足らずで、ご理解いただけるかどうか分かりませんが、いかがでしょうか?
2008/02/11(月) 19:46 | URL | show-cat #-[ 編集]
>show-catさん

“because everything”に関して私のなかで結論がでていないのですが、①と②では二人の関係性が大きく異なるように感じているので、show-catさんの解釈にはやや頷きがたいです。
②と③の関係に関しては、全面的に同意します。
③と④の関係に関しては、私は全然気に留めていませんでしたが、show-catさんの仰る通りだと思います。
④の主人公は男なのか。これもいろいろ論じ合える問題であると思います。私は現時点では、忙しいのはどちらなのか、言葉よりも態度で示すべきなのはどちらなのか考えた結果、女だと思っています。しかし、それでも「Wonderland」と「BE WITH U」は十分リンクしていると私も思っています。“gonna be with you baby”は確かに「BE WITH U」を匂わせていますよね。
④と⑥に関係に関しても、全面的に同意します。
それぞれ詳しくお聞きしたいなと思いながら読みました。大変参考になりました。ありがとうございます(^-^)。
2008/02/12(火) 00:01 | URL | SaySay #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/127-b7688572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。