倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だって倉木さんと握手したんだもの。大宮で。
めっちゃ、吃ったよ。かっこわる・・・。
これが通算して3回目の握手だ。1回目のときはかなり感慨深かった。で、手にビニール袋を被せて風呂に入ったもんだな。もちろん、手を洗いたくなかったから。今はもうそんなことはしない、過去の話。

大宮まで行ったのは握手というよりもサイン目的だった。倉木さんのサインは、一つも持ってないから。
あと、ファンレターを直接渡したかった。その願いは叶わなかったんだけれど。倉木さんに達するまでに回収されちゃった。

どうでもいいんだけど、大宮で晩御飯を食べに行ったときに、お品書きの「おつまみ」が「おっぱい」に見えた。「お」しか合ってないやん。
一週間前くらいには、電車の中刷り広告に「温浴」とあるのを「混浴」と見間違えた。一瞬喜んだ俺は馬鹿だ。こんなんだから、コメント欄がエロサイトのリンクで溢れてしまうんだろう。

卒論の執筆が今山場だ。本来なら、握手会に行くなんて言語道断なんだけど、いいじゃないか。倉木麻衣10周年を迎える年、こんな機会はもうないかもしれないぞ。
ということで、ブログを書く暇がなかなか取れないのです。去年は去年で就活に集中しました。年末にギリギリ内定をとることができ、ホッとはしています。

私の今のテーマは、「誠実」。しかし、ブログは不誠実極まりないです。うん、分かってはいるんだけど、どこか抜くところは必要じゃないか?と、気ままに放置してます。
もう少し、卒論で忙しいので、やっぱり更新はほとんどできないと思うし、いっそのことブログ自体閉じたほうが潔いのかもしれないけど、でもやっぱり勿体無いじゃん。昔の記事を読むと、悪い意味で「若いなあ」と思うけど、なんか不器用に一生懸命書いてる感じはして残しておきたいんですよね。だいぶ過去の記事の拍手ボタンが押されてると、なんだか嬉しいし(恥)。

ということで、とりあえず、明けましておめでとうございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/142-2ad9c4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。