倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の所属している研究室では色恋抜きなところだと思ってたんだ。
そう、「恋愛?何それ、美味いの?」みたいな。
それでこそ理系だろう!!(←たぶん違う)
ああ、でもあんなことやそんなことが鈍い私の周りで起こってたのね。ちょっとショックだった。
私はここらへんずーっと、恋愛云々に食指が動かないから、そんな動きを察知するようなセンサーも働かないのだ。
自分ってやっぱりちと変なのかな、と自分の恋愛観について考えてみた。
そして、ピンときたのです!

めったにどこかに遊びにいくわけでもない。つまり、デートはろくにしない。たまに一緒にスポーツに興じるぐらい。
イチャイチャすることもあまりない。
だけど、コミュニケーションはよくとっている。
本や社会問題について激しく議論したり、お互いの理想や希望を深夜までも語りあったりする。
そして、互いの仕事にも興味を持ち、例えば「流体力学(←思いつきでかいた)って今こういうことが課題なんだよね」とか言ったりすると、聞いた方が「へぇー、そうなんだ~」だけじゃなくて、自分でも勉強したくなってしまい、助言できるまでになっちゃうような・・・。
そんな関係で若い頃はいるんだけど、年老いてくるにしたがって逆にラブラブになってきて仲睦まじく死んでいきたいな・・・。

うん、自分で書いててよく分かんなくなってきました。とりあえず、今は恋愛とかいいや~。
そういえば、倉木さんの2ndアルバムは恋愛描写がほとんどないところにまずぐっときたんだよな~。あの年頃の女性が書く歌詞としては、かなり稀有な例のはず。

ところで、倉木さんのニューアルバムについてですが、『DIAMOND WAVE』以上、『One Life』未満といったところでしょうか。
歌詞の変化はおおいに歓迎しています。もっとたがを外しちゃっていいと思う。
マイケル・アフリックさん、「Catch」「Top of the world」のコーラス、かっこよすぎ。惚れてまうわ~(///∇//)。
ちょっと不満なのは、歌謡曲っぽい曲が多く、新鮮味にかけたところ。Free-role Jさんのアレンジはちょっとベタすぎるような気が・・・。あと、「You and music and Dream」での池田大介さんのオーケストラアレンジは蛇足だと思う。Cybersoundの編曲で完璧だったから、ちょっと鳴ってる音が多すぎてうるさく感じました。
でも、基本的には満足してます。
今日は簡単にここまで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/146-288262b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。