倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人はよく、世の中はまちがっているという。そう考えるのが、ほんとうはまちがっているのだ。われわれの社会は、求めようとしない者には何ひとつ与えない。辛抱強く、途中で放棄しないで求めようとしない者には、とぼくは言いたい

幸福になるのは、いつだってむずかしいことなのだ。多くの出来事を乗り越えねばならない。大勢の敵と戦わねばならない。負けることだってある。乗り越えることのできない出来事や、ストア派の弟子などの手におえない不幸が絶対ある。しかし力いっぱい戦ったあとでなければ負けたと言うな。これはおそらく史上命令である。幸福になろうと欲しなければ、絶対幸福にはなれない

(アラン『幸福論』岩波文庫より)

フランスの哲学者アランの言葉です。
最近、彼の本を読んだのですが、心に響くいい言葉がたくさんあったので紹介しました。たまにはこういうのもいいでしょう。

今逆境のまっただなかですが、力を尽くそうと思います。


幸福論 幸福論
アラン (1998/01)
岩波書店
この商品の詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
どうもです。
ベストオブヒーローにも繋がるような言葉ですね。
私が敬愛するある指導者が詠んだ和歌で、
「勝ち負けは 人の道の常なれど
最後の勝ちをば 仏にぞ祈らむ」
というものがあります。
苦しいときはどうしてもめげそうになるものですが、
苦しいからこそ乗り越えたときに得られるものも大きい。
そう希望を燃やしてお互いがんばっていきたいものですね。
ちなみに倉木さんの歌は、戦っている人にこそ良さがわかるような気がしています。
がんばってください!!
2006/07/07(金) 21:36 | URL | plus10 #gHpkDWU2[ 編集]
>plus10さん
ありがとうございます!頑張ります!
>倉木さんの歌は、戦っている人にこそ良さがわかるような気がしています
私もそう思います。
2006/07/08(土) 07:27 | URL | SaySay #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/16-0a13a73f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。