倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の8月19日、原宿アストロホールで「Color Scene」というライブイベントが行われました。
わたくし、こちらに行って参りました(=´▽`=)。
午後6時開場、6時半開演ってことで、会社をちと早引きし、さらに走って駆けつけねばなりませんでした。ツライ時間設定だぜ。前の方が埋まってるだろうことも残念だけれど、何よりシズクがトップバッターで遅刻したら、死んでも死にきれない。まぁ、間に合ったんですけどね。

出演者は以下の通り。
・美郷あき
HP Blog
・arp
HP Blog
・いいくぼさおり
HP Blog
・Lisa Halim
HP Blog
・滴草由実
HP Blog

シズクの歌が聴きたいがために私は走りました。あ、えーと、シズクは滴草由実さんのことであります。
ちなみに、同日、シズクの新作ミニアルバム『ENDLESS SUMMER』が発売ということで、レコ発ライブでもあるわけです。
(あと、いいくぼさおりさんの歌も聴きたいと思っていました)

会場は小規模ライブハウス(収容人数 400名)。全て立ち見で椅子なんてないだろうと思っていましたが、前方約半分のスペースには椅子が並べてありました。当然座れませんでしたけど、それでもステージに近めの見やすい位置に陣取ることはできました。

さぁて、トップバッターは、
シズクではなく、美郷あきさん。
Made in WONDER TVアニメ『よくわかる現代魔法』EDテーマMade in WONDER TVアニメ『よくわかる現代魔法』EDテーマ
(2009/08/05)
美郷あき

商品詳細を見る


浴衣姿、いい(´∀`)b。
アニソンメインの歌手だそうですが、歌唱力は高く安定感バツグンでした。
ちらっと動画サイトなどで聴きましたが、生の方が遥かにうまいんでないか。
バックバンドもいい音を出していました。特に、パーカッションの栗山豊二さんが目立っていたかな。
ただ、ちょっとオーディエンスの盛り上がりに欠けた部分はありました。「アキちゃん!可愛いよぉ~」とか叫ぶ人がいてもいいじゃないか。

<セットリスト>
1. beautiful flower
2. 君が空だった
3. If… ~I wish~
4. before
5. Made in WONDER


↑1曲目が一番良かったのに、曲名が分かんないなんて・・・。
美郷さんのブログで教えて頂きました。ありがてー(。´Д⊂)。


↑会場では、この5倍ほどメリハリが利いてパワフルな歌唱でした。(音質が悪いからそう感じるのかな)
でも、明るく元気のでる曲。アルバム『feel it』に収録とのこと、後日チェックしたいと思います。

<サポートメンバー>
ギター(鈴木マサキ)、キーボード(宇戸俊秀)、パーカッション(栗山豊二)


↑たぶん、結構名の知れた方達。確かに、巧い。サポメンの実力は、美郷さんがNo.1だったかも。

♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~

2番目はarp
arparp
(2008/04/23)
arp

商品詳細を見る

大宮あん朱さん(ボーカル,歌詞)と濱田貴司(作編曲,ピアノ)さんの二人組。しかし、濱田さんは不在で、サポートメンバーのギタリスト一人(ササキトシムネと言ってたと思う、あまり好きではない演奏だった)が付いてるのみ。
試聴では、サウンドはかっこいいけど歌声があまり好みじゃないなという印象だったので、ちとがっくり。

曲目は、ほとんどカバーでした。これは、初めてその歌手の歌を聴く場合、やや辛いものがあります。好みの問題もありますが、カバー曲には正直魅力を感じませんでした。
ある程度オリジナル曲を聴きこんでくると、「他の人の曲を歌うとどんな感じになるんだろう」と興味が湧きますが、やっぱり初めはオリジナル聴いてなんぼじゃん。単純計算で4/5くらいはarpをあまり聴きこんでない人ばかりなんだから、オリジナルを中心に歌う方がarpの魅力を伝えるうえでも良かったと思うんだけどなぁ。
きっと、相方さんが不在のなか、2人揃ってこそのオリジナル曲をやってもarpの100%を伝えることはできない。では、こういうときこそカバーだろうっていうことだと想像はできます。でも、やっぱりオリジナル(以下略)。
なぜなら、「わたしのこえ」がすごく良かったんだもの。

<セットリスト>
1. 糸(中島みゆき カバー)
2. 夜空ノムコウ(スガシカオ カバー)
3. 道化師のソネット(さだまさし カバー)
4. 卒業写真(松任谷由実 カバー)
5. わたしのこえ


最後の「わたしのこえ」が唯一のオリジナル曲です。
実は、ライブ前に「わたしのこえ」を試聴しようとしたのですが、冒頭の「生まれてきてくれてありがとう」というところが鼻につき聴くのを止めてしまいました。私の性格が曲がっているのもあるのですが、こういったメッセージ性の曲は多いし、「生まれてきてくれてありがとう」のフレーズも使い古された感じがしていたのです。しかし、実際に聴いてみると大宮さんならではのフレーズが際立ち実に心に伝わってきました。
私が好きな部分は、

・あなたがこの世に生まれてきた日は/たった一日しかないけれど/誕生日だけが 特別じゃない/今日は 一番新しいあなたが 生まれた日
・例えば 今日が誕生日じゃなくても/あなたが 生きている日 おめでとう




↑改めて聴いてみると、確かに間違いなく良い曲。
本来はCDに収録されているように、ピアノやストリングスがあって最高の魅力を発揮する曲なんだろうと思います。
実際、来年弦楽奏者10名を率いたワンマンライブを行うそうで、そこまでしないとCD並のサウンドは出せないのでしょう。逆説的に言うと、CDのサウンドづくりにそこまで力を入れているということだと思います。

MCにて、「出逢えたことを"運命"というのは寂しい。なぜなら運命というのは決められたものだから。それより私は、出逢えたことを"奇跡"と呼びたい」といった主旨のことを仰っていました。
ライブで哲学的な話を聞くのも悪くないですね。考え方として筋が通っていたし、「わたしのこえ」の導入としても効果的な話だったと思います。
私は・・・出逢えたことを"不思議"と呼びたい、なんちって。

♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~

3番目は、いいくぼさおりさん。

楽器は、いいくぼさん本人のキーボード一本でした。そして私は、キーボード一本という演奏形態が苦手なのです(´□`)。
最初登場されたときは、髪がたいぶ短かく大股開き(イヤン)で座っていたのもあり、いいくぼさんだと分からずどこぞやの美少年かと思いました。

ハジケマシテハジケマシテ
(2008/11/03)
いいくぼさおり

商品詳細を見る

<セットリスト>
1. 眠れぬ夜のシンフォニー
2. ベランダでボー
3. 叫び
4. ケセラセラ
5. CHU
6. ひまわり


ホームページで「Chanty」を聴き結構気に入っていたので、セットリストに入ってなくて残念でした。
歌唱力は申し分なし。でも、ボキャ貧でうまく表現できないのだけれど、ジャズシンガーに多い独特の声の抑揚の付け方だったり、女性的な歌詞の気の抜き方が、正直ちょっと自分は苦手だなと思いました。あと、キーボードの上手い下手って自分にはよく分からないんですが、その演奏にもあまり惹かれませんでした。
ただ、曲によって歌い方をがらりと変えている印象で、はまる曲ははまるといった感じでした。「CHU」が一番良かったかな。

「Color Scene」全体を通しての、一つの転換点がありました。
美郷あきさん、それからarpと、歌い手と聴衆との没交渉が若干気になっていました。偉そうな言い方をすると、反応の薄い聴衆(私を含めて)と、動きを起こせない歌い手ということです。
しかし、いいくぼさんが「ケセラセラ」という曲を歌っているとき、彼女が手拍子を求めていないのにもかかわらず、曲中の絶妙なタイミングで手拍子が起こりました。これには感動。いいくぼさんのファンの方々が図ったのかもしれない(笑)。それに対して、いいくぼさんが「やさしいなぁ♪」と呟いたところもほんわか温かい感じがしました。
あと、マイクパフォーマンスがおもしろかったなぁ。マイクスタンドを回転させて、ぶつかるギリギリでタイミングで頭を上げ下げされてました。どうやら、いいくぼさんライブの定番のよう。



↑今回歌わなかったけど、オススメソング「Chanty」。
この頃はまだロングだったよう。今のショートカットの方が似合っておいでですよ?

ブログを覗いてみましたが、ライブの剽軽な姿からはなかなか想像できない、真面目な人柄が光っていました。

♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~

4番目は、Lisa Halimさん。
Here I amHere I am
(2008/12/17)
Lisa HalimJAY’ED

商品詳細を見る


うー、歌声がかなり苦手なタイプのR&Bシンガーで、聞き流してました(^-^;)。だから、何とも言いようが無いかも。
(曲紹介もほとんどなかったのでセットリストも不明です)

実は、Lisaさんよりもパーカッション&コーラスのNona*さんに注目していた私。
(ホームページはこちら→http://nonana.petit.cc/pineapple1/
コーラスなのでかすかに聴こえた程度ですが、かなりの美声で、楽器を扱う様もかっこよかったです。単独ではCDを出してないようですが、もったいない。

♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~♪^♪~

4組が終わり、あと1組。
シズクの出番はここまでない・・・つまり、トリ決定!
全出演者中、最も大規模なセットが組まれていきます。
アコースティックギター、ベース、ドラム、キーボード、コンガ・・・ってフルバンド(+α)じゃん!
シズクのライブはアコースティックなものしか行ったことがなかったので、フルバンドで聴くのが念願だったのです。おっし!

あっ、書き忘れていましたが、美郷あきさんの出番のあと席が空いたので、ちゃっかり一番前の席をゲットしました(´▽`)。
よし、至近距離でシズクの歌声&パフォーマンスを堪能するぞ!


だいぶ長くなってきました。肝心のシズクについては、後半に続くとします。
後半→http://saysay.blog71.fc2.com/blog-entry-168.html
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/165-533b70a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。