倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

われわれはほとんど皆、自分の果たすべき職業をもっている。それは大変よいことである。われわれに欠けているのは、その職業から息抜きさせてくれるような小さい仕事である。
アラン著(神谷幹夫訳)『幸福論』岩波文庫1998年、p.130



ブログもこんな感覚でできたらいいよね、と思う。

シルバーウィークは、今年一番の大風邪をひいてしまい、ほとんどを無駄に費やしてしまいました。
歌詞考察を3つ完成させる腹積もりだったのが、見事崩壊。

まだ、微熱がちょっとありますが、今日からまた、自分の果たすべき職業に行って参ります(-_-;)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/190-289af168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。