倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンサイトをいろいろ覗いた感じでは、『DIAMOND WAVE』の中で一番人気あるのは「会いたくて」みたいですね。

確かに、歌唱に関しては言うことなしだと思います。
一聴で倉木麻衣の魅力を伝えることができる曲、倉木麻衣が嫌いって人でも「これ何気によくない?」と言ってしまいそうな曲です。

が、どうも私はこの曲はまだもうひと伸び足りないと思うんですよね。
私が現時点で恋していない・・・そういえば長い年月恋してないっけ
  誰か私にときめきをください
まぁ、そういうことも関係してるとは思いますが、ちょっと私が不満に思っている点を述べていきましょう。

まず、編曲がよくない。
無難すぎる。
曲が王道バラードな感じなんだから、もっとストリングスを目立たせて豪華にするとか、こうきたかと意表を付くようなアレンジにして欲しかった。
なんていうか、倉木麻衣の曲にしてはおもしろくないんです。
ボーカルを生かそうとしたのは分かります。
シンプルにいこうと意図したんだろうなとも思います。
でも、こういう編曲はあまり好きではないなぁ、個人的には。
「I don't wanna lose you」みたいに、もっと遊びを入れてくれていいのに、徳永さん。

歌詞についてもやや不満が。
君が思う程 強くはないよ
この表現はできれば使って欲しくなかった。
だってこの言葉は使い古されているもの。
だからといって使っちゃいけないってことにはなりませんが、全体的に見ても、倉木さんならではの表現がもうちょっと欲しい。
想像した以上 あぁ 胸が痛みだす
この表現は好きだし、これに至る歌詞の流れもいい。
こっちまで胸が痛みそうです。
だだ、その後、その痛みを「夜も眠れない」とさらりと流すんじゃなくて、もっと倉木さんらしい表現で深く描いて欲しかった。
2番のサビの歌詞を繰り返し歌うところを、「Secret of my heart」のごとく歌詞を変えて歌うことでなんとかなるはず。
初期の頃の倉木麻衣の歌詞は、最後のサビを繰り返す部分の歌詞がいちいち変えられていて、ボリュームをすごく感じた。最近は、そうすることがほとんどなくなっている。同じ歌詞を繰り返す歌手の方が多いし、そうする理由もなんとなく分かるけれど、以前のやり方をちと見直してもいいんじゃないかと思うんですよね。
星に願いかけ 連れて行って
今 君の心に
It's for you I give my love

この締めは非常に好きです。
だから、その前に、もっともっと、私を苦しめて欲しかった。「想像した以上 あぁ 胸が痛みだす」といい感じに苦しくなってきたところで、さらりと締めて欲しくなかった。
もっともっと私を苦しめて・・・ってちょっとマゾっぽいですが。

そもそも私は世間でよく売れているバラード曲にほとんど心を打たれない人間なので、あんまりこの曲にぐだぐだ言っても仕方がないのでしょう。
ライブでおそらく歌われるでしょうから、その時に私の考えが180℃変わったらいいなぁ。
コメント
この記事へのコメント
どうもです。精力的な更新ご苦労様です。
そういう私も先に帰省している妻子のもとへ出向かなくてはいけないのですが、つい来てしまいますね(汗)。
今回は少々批判的な内容ということで、よし、ここは反論だ・・といきたいところでしたが、私もSaySayさんと同様のことを感じておりました(残念)。
私の場合は、別の角度からの意見ですが、「切ない」とかいう心情表現は必要ない(むしろ余計だ)と思っています。「君と見た花火が・・・」を聴くだけで十分切なさが伝わってきます。
状況表現だけで心情を伝える方が、想像力も働き、より心に入ってきます。「I don't wanna lose you」や「I sing a song for you」は、そういう意味でもすばらしい。
また、SaySayさんが仰るように、同じフレーズを歌詞を変えながら繰り返していく歌は、とても訴求力があり、私も好きですね。(Stay by my sideのエンディングもそうですね)
倉木さんにはこうした歌詞を書けるセンスがあるので、この曲は惜しいなと思っています。(嫌いではないですが)
2006/08/14(月) 01:44 | URL | plus10 #gHpkDWU2[ 編集]
>plus10さん
どうもです!私も明々後日に帰省します。この時期何かとばたばたしますよね。

「切ない」に関しては、plus10さんの意見に同意します。これは他の曲にもいえることですね。
倉木さんは情景描写が非常に巧みです。なので、ありきたりな心情表現は使わないということを意識すれば、もっと歌詞の魅力が向上していくのにと思っています。
私もこの曲、嫌いではありません。ただ、人気がある曲なので、倉木さんやスタッフに「これでいいんだな」と思って欲しくはない。そういう気持ちから、今回のような文面になりました。

plus10さんのコメントを読むと考えが深まります。更新も俄然やる気がでるってもんです。ありがとうございます。
2006/08/14(月) 09:16 | URL | SaySay #-[ 編集]
 はじめてコメントをお送りいたします。ブログ拝読させて頂き、洞察並びに解析の巧みさに敬服いたします。
 私なりに感じたことは、麻衣さんは100%ご自身の考え主張・趣旨で「会いたくて」を書いたのかということです。心情の変化も当然あるでしょうし、他人からの影響もあるかもしれません。もちろん、それは他の歌詞にも言えることです。
 私の2番目の3歳になる孫が先日いしょに道を歩いている時に、「あいたくて、あいたくて・・ねむれーない・・」と口ずさんでいました。ちょと字足らずでしたが、はっきりと「会いたくて」でした。この時、正直 倉木麻衣おそるべきと思いました。孫に聞いたら、好きだと言っていました。意味は、ほとんどわからないと思いますが、やはり、曲と言葉の印象は老若男女問わず聴きやすいのだと思います。 
これからも、拝読させていただきます。失礼いたします。
2006/09/22(金) 17:37 | URL | かつぼうじい #-[ 編集]
>かつぼうじいさん
コメントありがとうございます。このようなもったいないお言葉に恐縮致します。

「会いたくて」は素直に受け取れば十分良い曲なのだと思います。倉木さんの曲の場合、繰り返し聴かなければその魅力がつかみ難いことが多いと私は感じていますが、「会いたくて」は一聴しただけでストレートに心を震わすものがあると思います。そしてそれは世代を越えて伝わるものだとも思います。

しかし、この曲が良い曲だということは否定できないながらも、アルバムのなかでは私にとってあまり好きな方ではないというのも事実です。
私が倉木麻衣に求めるものに単に一致しなかっただけでしょうが、倉木さんの個性が出たりない、もっとオリジナリティを重視した言葉の操り方をしてほしい、そう私は思ってしまうのです。

今のところの私の「会いたくて」に対する思いはこんなところです。かっぽうじいさん、この曲についても、他の曲についても、またいろいろ教えて頂けると嬉しいです。私はこのブログを通して、いろいろな考え方を知って、倉木麻衣の歌詞に対する理解を深めていけたらいいなぁと思っているので。ちょっと頭が固かったりはしますが(苦笑)。

では、またお越しくださいね。
2006/09/23(土) 00:04 | URL | SaySay #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/38-34b5050c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。