倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダニかな~。というか、こういうことしてるから風邪ひくんだよね。

そんなことはええや。
CybersoundのMiguel氏が編曲している曲があるということもあり、久々にGARNET CROWのアルバムを買いました。

むむむ、Cybersoundらしい切れの良さはあるものの、彼の実力はこんなもんじゃないだろうにと思ってしまうなぁ。
倉木さんの楽曲にCybersoundが永らく携わっていない理由の一端を垣間見た気がする。
とはいうものの、もっとも心待ちにしているクレジットは、
作詞:倉木麻衣
作曲:倉木麻衣
編曲:Cybersound
なんだけどね。

アルバムの感想はいろんなサイトがやってるし別にいいかな。
とりあえず1st、2ndの次に私は好きです。
それにしてもAZUKI七は相変わらずどういうセンスをしているのだろう(いい意味で)。
「鬼ですから」って。
やられました。
ぜひ、「ひぐらし」のタイアップをとりましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/63-3f9015db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。