倉木麻衣の歌詞に否定的な人は多い。彼女の歌詞は稚拙で奇麗事ばかりだという。本当にそうなのか。いいや、倉木麻衣の歌詞は、楽観主義に生きる力強い人生観に裏づけされた、深く味わいのあるものなのだ!ということを書き綴っていくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『白い雪』はやっぱりいいですねっ!
昨日、どうも満足できないということを書いたじゃねーか。
はい、そうなんです。
でも、それ自体が魅力なんだな~と今日になって考えを改めました。

何度聴いても飽きが来ないんですよ。「白い雪」も「想いの先に...」も。
曲が耳になじんで来たときにいつもは来る絶頂点が、なかなか来てくれない。つまり、満ち足りることがない。一種の渇望感におそわれる。そして、何度も何度も聴いてしまう。ビールは嫌いなんだけど喉が渇いたときのビールは喉越しがよくどんどん飲んでしまうんだよね~、とこんな感じ。不思議な魅力を持っています。

大野愛果さんとYoko Blaqstoneさんの曲は、どちらも特別オリジナリティを放っているように思えない。
倉木さんの歌唱はやや精彩を欠いているように思える。
なのにこんなふうにハマってしまうのはなぜなんだろう。

それは、編曲がいい。久々にマイケル・アフリックさんのコーラスが帰ってきた。そんなことが関係しているんだろうか。でも、それだけじゃないんだろうな。たぶん、こんな謎な感じが、倉木さん達が創り出す音楽をずっと私が好きでいた理由。
ついでに書くと、私には倉木さんという人間が理解しがたい。それも私がずっとファンを続けてきた一つの理由。

今回のCDで特に素晴らしいと思ったのは、「想いの先に...」の終わりの締め方。これは、やばい。なかなかこんな終わり方できない。やめられない、とまらない。

歌詞についても最初は内容が薄いなと思っていたけど、だんだん「ははぁ~ん」と納得してきました。
今年中に歌詞考察したいなぁ。できんのかなぁ。

というか、私ってなんてボキャ貧なんだろう。
つまりは今回のシングルの出来は良かったよ~ってことです。
満足はしてないんですけどね(まだ言うか)。
コメント
この記事へのコメント
おー。新たな感想が来ましたね(笑)。
そーなんですよね。確かに不思議です。
今回は倉木チームの総合力の結果かななんて思います。
でも倉木さんの歌唱もなかなか味があります。
「想いの先に..」は、ビブラートを適度に抑えた感じで初期のころを思い出します。感情表現がストレートに伝わる感じというんでしょうか。
歌詞考察、楽しみにしてますね。

>満足はしてないんですけどね(まだ言うか)。
いえいえ、正直な意見は大事です(笑)。
2006/12/24(日) 16:09 | URL | plus10 #XSzS5XSA[ 編集]
>plus10さん
>>今回は倉木チームの総合力の結果かななんて思います。
その通りだと思います!
歌唱も部分部分で不満な点はありますが、やっぱり独特の味わいを感じますね。
2006/12/25(月) 08:42 | URL | SaySay #-[ 編集]
お久しぶりです。
そして、あけましておめでとうございます。

コメントしようと思いながらも、なかなか時間がとれず、申し訳ないです(>_<)

こんな私ですが、常にブログは見ているので、今年もよろしくお願いします。

2007/01/01(月) 17:15 | URL | 悠里 #-[ 編集]
>悠里さん
おひさしぶりです(^^)。
私のブログを日頃見てくださっていることが、すでに感涙ものですよ~。

では、今年もよろしくお願いしますっ!
2007/01/06(土) 15:43 | URL | SaySay #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saysay.blog71.fc2.com/tb.php/81-4f8193c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。